小じわができる原因を解消します|お肌のリスクを避ける

乾燥を防ぐのがポイント

レディー

水気を拭いたらすぐに保湿

小じわができる原因としてもっとも大きなものが乾燥です。そのため、ふだんの生活においてどれだけ乾燥に対する対策をとることができるかが、小じわを防ぐ上で重要なポイントになります。気候や空調などによって空気が乾燥しているような環境に身を置く場合には、小じわのリスクがあると考えて対処しなくてはなりません。また意外と忘れがちなのが、肌は水に触れた後乾燥しやすくなるということです。洗顔や入浴、洗髪などで顔に水がかかった後は、水気を拭き取ったらすぐに保湿対策をすることが大切です。水気が肌から蒸発する際に、もともとあった水分まで奪われてしまうためです。最近は洗顔後につけると水分の蒸発を防ぐだけでなく肌に必要な成分が染みこみやすい化粧水などが出ているので、今後はそうした化粧品を利用して小じわ対策を行う女性が増えてくることでしょう。

UV効果のある化粧水を

小じわの原因としては、紫外線も看過できないもののひとつです。特に春の初め頃の季節などは空気が乾燥しているにもかかわらず、まだ暑さを感じるほどの気温でもないためうっかり紫外線対策を忘れたまま外出する人も少なくないと思われます。紫外線をしっかりブロックすることは小じわを予防するために欠かせませんが、敏感肌の人などはあまり強力なUVクリームを使いたくないということもあるでしょう。そのような場合には、化粧水でもUV効果のある成分を配合してある製品があるので、そうした化粧水などを使うのがおすすめです。UV効果のある化粧水は、落とすときにもわざわざクレンジングを使う必要がないので肌に刺激を与えるリスクをより減らすことができます。

植物性セラミドで予防する

鏡で顔チェック

肌のうるおいに不可欠なセラミドは、米や小麦・とうもろこしなどに含まれています。これらの植物から抽出された植物性セラミドは動物性セラミドに比べて価格も安く、安定した供給ができるので小じわ対策用の化粧水や美容液などにも多く利用されています。

More Detail

ちりめんじわ対策に

レディー

目元や口元などによく発生することがある小じわは、小さくて目立たないしわですが、そのまま放置しておくと深いしわに変化することもあります。また小じわが出来るところは年齢が出やすい個所でもあるため、ケアによって差が出る場所でもあります。

More Detail

肌が若返る化粧品選び

微笑む婦人

小じわ対策のための化粧品を選ぶ際には、配合成分に注意する必要があります。小じわは乾燥が主な原因ですので、セラミドなど保湿成分が配合されているものを選びましょう。また、お肌の張りをもたらす成分としてコラーゲンが有名ですが、それ自体が入ったものを使用するより、ビタミンC誘導体が入ったものを選びましょう。

More Detail